ヴィーガンレシピ投稿数100超えのAkicocoさん、その理由は「母の味を残すため」

こんにちは!ブイクックの工藤です。
2020年7月で、ヴィーガンレシピ投稿サイト「ブイクック」は1周年を迎えました🎉
そこで、1周年を祝して、これまでのブイクックの歴史を共に歩んできたユーザーの方々にインタビューを実施しました!
4週にわたってお送りするこのユーザーインタビュー企画。
1週目は、ブイクックへのヴィーガンレシピ投稿数100を超える「Akicocoさん」に取材してきました!
マクロビの資格を持ち、Instagramは37,000人以上からフォローされる「Akicocoさん」にレシピを投稿して記録する理由について、伺いました。

和食ベースのヴィーガン料理なら取り入れやすい

ー Akicocoさんはいつからマクロビやヴィーガンに興味を持ち始めたのですか?

マクロビに興味を持ったのは、家族からダイエットしたいと話があった3年前です。
私も食生活や体質を改善したいと思っていたので、まずは野菜をメインにしたり、ゆっくり食べるようにしたり、血糖値の急上昇を抑える食べ方を試していました。
その時から、お肉の代わりに大豆ミートは使っています。
そのうちマクロビの勉強もするようになり、マクロビオティックマイスターや食品衛生責任者などの資格を取るまでになりました。
勉強していくうちにヴィーガンにも興味を持ちましたが、当初は「完全に動物性がダメならどうするの?」と思っていました(笑)

ー 最初はハードル高い印象ですよね。どうやってヴィーガン料理を学びましたか?

興味を持ち始めて、インスタグラムでヴィーガンやマクロビに関するアカウントをフォローしていきました。
その中で、海外のヴィーガン料理のアカウントを見てみると、肉などの動物性ものに見た目を近づけた料理が多い印象でした。
しかし、日本人に取り入れやすく感じてもらうためには、昔からある和食をベースにした考え方でヴィーガン料理を作った方が良いのではないかと思っています。

数少ないヴィーガンレシピのインスタアカウント

ー Akicocoさんが最初にブイクックに出会ったのはいつでしたか?

ブイクックと出会ったきっかけもインスタグラムにあります。
当時フォローしていたヴィーガンやマクロビに関するアカウントの関連アカウントに出てきて、すぐにフォローしました。
日本でヴィーガンのレシピを投稿しているアカウントは少ないので、今でも参考にしています。
ブイクックはレシピ投稿の時にも使いますが、普段はレシピの情報を得るためにインスタグラムを見ます。
ブイクックに投稿された莫大なレシピの中からピックアップされたものが、毎日インスタグラムに投稿されているので、それを見てヴィーガンスイーツを作ったこともあります。

「お母さんの作った料理が食べたい」時のために

ー どうして100を超えるヴィーガンレシピを投稿しようと思ったんですか?

私がレシピ投稿サービスやインスタグラムにレシピを投稿している理由は、家族がいずれ家を出た時のためです。
もしも子どもたちが「お母さんの作ったあれを食べたい」と思ったら、投稿したweb上のレシピを見れば材料も手順も全て分かって作れるように残しています。
そのためレシピを投稿する時に気をつけているのは、料理をある程度したことがある人にというよりかは、うちの子どものような料理初心者の方にもわかりやすい書き方を心がけています。
現在、112のレシピを投稿するAkicocoさん

ー Akicocoさんのレシピが詳細に書かれていることにも納得です!あんなに素敵なレシピ、どんどん思いつくものなんですか?

例えば、電車の移動中のポスターやデパ地下の広告チラシなどからアイデアを得ています。
そのアイデアを元に、頭の中で材料を組み合わせていって、完成した味も頭の中である程度は想像することができます。
アイデアはその都度スマホにメモしているので、それを元に調理をして出来上がったらレシピ投稿するという流れです。

ー(すごい。)

ブイクックはレシピの材料から勉強になる

ー ブイクックはどんな人におすすめですか?

ヴィーガン初心者の方にブイクックをおすすめしたいです。
「ヴィーガンに興味があるけど、作ったことない」という方は、ブイクックのヴィーガンレシピを見ているだけで勉強になると思います。
私も自分が知らないヴィーガン料理、特にスイーツに使われている材料がすごく勉強になっています。
他にも、飲食店のシェフの方にもおすすめです。
私の知り合いのお店のシェフが野菜の皮やヘタなどを天日干ししたものを使って出汁をとるようになったという話を聞きました。
こんな風に、ヴィーガン料理のエッセンスは広く応用できるのではないかと思っています!

食べ物の大切さを実際に体感してほしい

ー それでは、今この記事を読んでいる方に伝えたいことはありますか?

そうですね。
海外だとヴィーガンと聞くと、動物愛護や環境保護の印象が強いと思います。
実際にインスタグラムに海外のヴィーガンアカウントから、動物愛護の運動へのお誘いのDMがくることもありました。
私がこのインタビューを通して伝えたいことは、「体に良いものを取り入れることで、体質や体調などを体の中から変えていける」ということです。
もちろん動物や環境の問題を考えるのもすごく重要だけど、ヴィーガンやマクロビの食事を取り入れることで、口から入れる食べ物の大切さを体で実感してもらえればと思います。

ー Akicocoさん、今日はありがとうございました!そして、これからもよろしくお願いします!

Akicocoさんのおすすめのレシピ

「白くまアイス!」by Ogataさん

「豆乳とナッツミルクのヴィーガンアイス」by Nozomiさん

メッセージをお待ちしています!

ブイクックをリリースしてから早くも1年が経ちました🎉
いつもご利用いただいているみなさんの暖かい応援と、ありがたいご指摘のおかげで、一歩ずつ進んでくることができました。
本当にありがとうございます。

毎月1万人以上にご利用いただいているブイクックですが、運営チームにはどんな人がどんな思いを使ってくださっているのか知ることは実は少ないです。
(今回のインタビューも、ユーザーさんのことをもっと知りたいという思いで実施しました)

そこで、1周年の節目に、ブイクックへのメッセージを募集することにいたしました!
みなさんからのメッセージお待ちしています😁

▶︎webでメッセージを送る

▶︎郵送で送る
〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通4丁目1-14 三宮スカイビル7F

作成者: vcook-bloger

ブイクックプラスの編集室です!ヴィーガンの食卓をちょっと豊かにする情報をお届けし、みんながヴィーガン料理を楽しめるような社会を目指して頑張ります!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA