オーガニックコーヒーはなぜ良いのか?その定義とコーヒーに合うスイーツレシピをご紹介!

近年のコーヒーブームがきっかけで、多くのお店で目にする機会が増えたオーガニックコーヒー。

しかし、「オーガニックと一般的なコーヒーの違いとは何?」、「どのような基準で決められているか気になる」と感じている方は多いのではないでしょうか。

そこで、今回はオーガニックコーヒーの定義と、健康や環境にどのようなメリットがあるのか解説します。オーガニックコーヒーのおすすめ商品と一緒に合わせたいスイーツレシピをともにご紹介していきます。

 

 

オーガニックコーヒーとは

 

 

オーガニックコーヒーとは、農薬や化学肥料を使わずに栽培された生豆で作られたコーヒーのことを指します。枯れ葉や農作物の廃棄物などの自然の物を肥料として使っており、農薬を利用するよりも栽培に手間がかかりますが、その分環境や身体に優しいコーヒーです。

 

 

オーガニックコーヒーの認定方法

 

 

オーガニックコーヒーであると認定するのはOCIA(国際有機農産物改良協会)、USDA(オーガニック認定全米統一基準)という機関。この機関で認定を受けると、オーガニックコーヒーとして販売することができます。

しかし、販売許可が得られる基準はとても厳しくなっています。例えば、過去3年にわたって農薬や化学肥料を使用していない土壌で栽培されているかや、合成添加物を収穫後の加工にも使っていないということなどです。

日本での検査は、さらなる基準が設けられており、
各農家がJAS(日本農林規格協会)の認定を受けて規格に適合した生産が行われているのか検査を受けます。

オーガニックコーヒーを購入する際には、機関から認定を得ることができたコーヒーには
有機JASマークが付くので、そのマークを確認して購入すると良いでしょう。

 

 

オーガニックコーヒーのメリット

 

栄養満点

 

オーガニックーヒーには、ビタミンやミネラル、フラノホイド、ポリフェノールなどの多くの栄養が含まれています。

とくに、ポリフェノールには年を重ねると気になりだすシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する効果が期待できるので、シミを予防することができたり、衰えがちな筋肉や脳の動きを活性化させてくれたり、糖尿病や大腸がんなどの病気のリスクを軽減してくれます。

 

 

自然を守ることができる

 

オーガニックコーヒーの栽培に農薬や化学肥料は一切使用していません。
土壌中の微生物や落ち葉などの腐植物、農作物の廃棄物などの自然の恵みを利用した製法で栽培。

一方、有機栽培でない作物は農薬や化学肥料を使って育てられています。
しかし、農薬や化学肥料を使うと、土壌の中にいる微生物まで殺してしまったり、生態系を崩したりする懸念があります。

微生物がいなくなると、微生物を餌としていたミミズなどの生物も減少。ミミズは有機物を分解し、土の中に空気の通り道を作る役目を果たしています。そのため、ミミズの数が減ると土が硬くなり、土壌をどんどん弱くしていってしまいます。

また、化学肥料に含まれるリンや窒素化合物などは水に溶けやすいため、雨が降ると植物が吸収できなかった分が川などに流れて水質汚染を引き起こす問題も。オーガニックコーヒーを選択することは、環境への負担を軽減し自然を守ることにもつながるのです。

 

 

人体への悪影響がない

 

農薬や化学肥料の影響は、人体にも影響を及ぼします。
コーヒー農家が栽培する際にコーヒーに農薬や化学肥料をまく際に触ったり吸い込んでしまうことで、がんやアルツハイマーなどの病気を発症する原因となります。

また、コーヒーは作物中に残った残留農薬が消費者に与える影響も問題視されている問題です。
オーガニックコーヒーでは農薬や化学肥料を使っていないため、健康面でも安心です。

また、オーガニックコーヒーの需要が増えて生産量を増やしていくことができれば、農薬などを使ったコーヒーの生産量を減らしていくことができます。

 

 

おすすめのオーガニックコーヒー

 

マウントハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー100g

オーガニックでありながら、さらに遅い時間に飲んでもカフェインの影響を受けることがないカフェインレスタイプのインスタントコーヒー。夜遅くにコーヒーが飲みたい時や、カフェインが身体に合わない人も飲むことができるのが嬉しいですね。

購入はこちらから

 

 

アバンス おいしいオーガニックドリップコーヒー

 

ドリップコーヒーにもオーガニックはあります!ゆっくりお湯を注ぎながらコーヒーの香りを楽しむのも至福のひと時ですよね。

 

購入はこちらから

 

 

無農薬 コーヒー豆 まろやかな中深煎り 自家焙煎 ペルー 産 TOKYO COFFEE

 

時間がある時には豆からコーヒを入れるのも良いですね。まろやかな味わいなので、どなたでも楽しめるオーガニックコーヒーとなっています。

 

購入はこちらから

 

 

オーガニックコーヒーと一緒に食べたくなるスイーツ3選

 

まきさんのアボカドでしっとりガトーショコラ

しっとり濃厚な食感をアボカドで出しているガトーショコラです。グルテンフリーでヘルシーなのに満足感のあるレシピになっています!

材料(マフィン型5~6個)

ココアパウダー          25g
大豆粉              20g
ひよこ豆粉orおからパウダー    30g
ベーキングパウダー        3g
重曹               0.5g
豆乳               125g
てんさい糖            45g
塩               ひとつまみ
アボカド             50g
植物油              10g

 

「アボカドでしっとりガトーショコラ」のレシピはこちら!

 

 

Marie Kitchenさんの混ぜたら焼くだけ、林檎クランブル

材料を並べてクランブルをかけて焼くだけというシンプルレシピでカリッとしたクランブルと甘い林檎がたまらないスイーツが完成します。ブレイクタイムにもぴったりです。

材料(4人分)

小さい林檎      適量
レモン汁       大さじ1
薄力粉        25g
アーモンドパウダー  25g
キビ砂糖       25g
ココナッツオイル   15g
ヴィーガンバター   10g

「混ぜたら焼くだけ、林檎クランブル」のレシピはこちら!

 

 

japlanettさんのヴィーガン抹茶パウンドケーキ

すべての材料を混ぜて焼くだけの簡単レシピです!ちょっと疲れたときにパウンドケーキとコーヒーで一休み、なんていうのも良いですね。

材料(6人分)

小麦粉        200g
メープルシロップ   100ml
豆乳         70ml
オイル        50ml
砂糖         20g
レーズン       20g
抹茶パウダー     7g
ベーキングパウダー  7g

 

「ヴィーガン抹茶パウンドケーキ」のレシピはこちら!

 

 

オーガニックコーヒーを選んでサステイナブルな生活を送ろう!

 

今回はオーガニックコーヒーの定義と、健康や環境にどのようなメリットがあるのか、おすすめ商品・レシピとともに解説していきました。サステイナブルな(持続可能な)生活をしていくためにも、オーガニックコーヒーを見つけた際にはぜひ手に取ってみてくださいね。

ヴィーガンレシピサイト「ブイクック」にはほかにも多くのヘルシーレシピが投稿されています。
ユーザー登録すると、お気に入りレシピの保存や投稿ができます。レシピができた際にはぜひシェアしてくださいね。

 

 

あなたにおすすめの記事はこちら!

ザクロの美容効果とは?栄養価や食べ方まで徹底解説

ワインはヴィーガン食品?意外にも動物由来な理由とは?

スピルリナは栄養の宝庫!注目のスーパーフードを解説

 

参考文献
https://www.ejcra.org/column/ca_112.html

作成者: Arisa

ブイクックライターのありさです!ヴィーガンコスメを少しずつ集めています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA