ピーナッツバターのおすすめ商品15選~健康に良いピーナッツバターの選び方・栄養もご紹介します~ 

様々な料理に使うことができる、万能食材のピーナッツバター。
使い勝手が良いだけでなく、栄養価が高い食材として人気を集めています。

しかし、スーパーなどに買いに行くと、種類が多いので、どのピーナッツバターを買うべきか悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのピーナッツバターをご紹介します。
また、健康に良いピーナッツバターの選び方や、栄養についても一緒に解説していきます!

 

では、見ていきましょう!

 

 

ピーナッツバターの栄養

ピーナッツバターには、主にタンパク質、不飽和脂肪酸、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、レスベラトロールが含まれています。


タンパク質は、たくさんのアミノ酸が結合したものです。
体の組織を作るために欠かすことができない大切な栄養素の一つです。

ピーナッツバターに含まれるタンパク質には、脳内ホルモンのもとになってリラックス効果をもたらすトリプトファンや、肌のハリと睡眠の質を改善する効果のあるグリシンなどの多くのアミノ酸が含まれています。

 

ピーナッツバターに含まれる不飽和脂肪酸は、オレイン酸リノール酸です。
悪玉コレステロールを減少させて動脈硬化など生活習慣病を予防する効果があります。

 

ピーナッツバターに含まれるビタミンは、主に3種類あります。

1つ目は、過酸化脂質の増加を防止して生活習慣病を予防する効果のあるビタミンE

2つ目は、肝臓の働きを活性化させて二日酔いを予防する
ビタミンB3です。

また、体内の糖質を効率的にエネルギーに変えたり、疲労回復効果のあるビタミンB1が含まれています。

 

ピーナッツバターに含まれているミネラルは、主に2種類です。

体内の余分な塩分、水分を排出させて血圧を下げる
カリウム

エネルギー生成する酵素を活性化させる効果のあるマグネシウムです。

 

ピーナッツバターに含まれているポリフェノールには抗酸化作用があります。
また、血管の酸化を防いで血流促進をする効果も。

また、レスベラトロールには肌を若々しく保つ効果があります。

 

ピーナッツバターの栄養について詳しく知りたい方はこちら!

 

ピーナッツバターとピーナッツクリームの違い

ピーナッツバターとは、乾燥させたピーナッツを砕いてミキサーにかけてなめらかなペースト状にしたものです。

ピーナッツバターはピーナッツのみで作られているので、パンなどに塗るだけでなく、料理にも使うことができます。

また、ピーナッツバターには乳成分などの動物性成分が含まれていません。

そのため、ベジタリアンの方やヴィーガンの方も食べることができます。

一方でピーナッツクリームとは、ピーナッツバターに砂糖や水あめなどの甘味料、ココアバター、クリーム、植物油脂などを加えたものです。

なめらかなので、パンに塗りやすいです。
また、小さいお子さんでも食べやすいように加工されています。

 

ピーナッツバターの選び方


ピーナッツバターを選ぶ際には以下の点に注意して選ぶようにしてください。

 

無糖(無塩)or加糖(加塩)

ピーナッツバターには、砂糖や塩が入っている加糖・加塩タイプと、何も入っていない無糖・無塩タイプがあります。

 

無糖・無塩タイプのピーナッツバターは、パンに塗ることはもちろん、料理にも使いやすいです。また、甘味料や塩を自分で追加して調節することができます。

 

一方で、加糖・加塩タイプのピーナッツバターは、食べやすく甘いものが好きな方やお子さんにおすすめです。

 

 

バター状orパウダー状

ピーナッツを加工した食品の中には、ピーナッツバターのほかにもピーナッツを細かく砕いたピーナッツパウダーがあります。

 

ピーナッツパウダーは固まりにくいので、飲み物やスイーツに混ぜて使いやすいです。

そのため、スイーツ作りに活用したい方におすすめです。

 

 

食感

ピーナッツバターにはなめらかな舌触りが特徴的なスムースタイプと、砕かれたピーナッツが混ざったクランチタイプのピーナッツがあります。

スムースタイプのピーナッツバターは、なめらかな舌触りが好きな方におすすめです。

だまになりにくいので、スムージーや料理には、スムースタイプのピーナッツバターがぴったり。

クランチタイプのピーナッツバターは、ピーナッツの歯ごたえも楽しみたい方におすすめ。

また、クランチタイプは、ピーナッツ和えやピーナッツバターパンなどと相性抜群です。


粒の大きさは商品によって違うので、ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

 

 

添加物

ピーナッツバターには長い間保存できるように、乳化剤や安定剤などの添加物が入っていることがあります。

添加物が入っていないピーナッツバターは、少し値段も高く、保存期間も短いですが、
余計なものを摂取しないので健康的です。

そのため、添加物が気になる方は、なるべく添加物が入っていないピーナッツバターを選ぶようにしてください。

 

容量

パンに塗るだけでなく、料理にもピーナッツバターを使う方には、大容量タイプがコスパが良いのでおすすめです。

一方で、あまり頻繁には使わないという方は、小さめサイズのピーナッツバターが良いでしょう。

一度に多くは使いきれないけれど、家に常備しておきたい方は、小さいサイズをまとめて買うことをおすすめします。

 

おすすめピーナッツバター

 

クランチタイプ

 

アリサン ピーナッツバタークランチ 454g

 

有機栽培されたピーナッツのみを使用したピーナッツバターです。無添加なので、素材の味をそのまま感じたいという方におすすめ。

 

購入はこちら!

 

 

CLEARSPRING(クリアスプリング) 有機ピーナッツバター・クランチ 350g


有機ピーナッツと食塩のみを使用したピーナッツバターです。シンプルな原材料なので、どんな料理にも使いやすいです。

 

購入はこちら!

 

 

スキッピー ピーナッツバターチャンク 340g


アメリカのみならず、日本でもなじみのあるピーナッツバターブランドのピーナッツバターです。甘みが少ないので、甘いのがお好きな方はお好みで甘味料を足してくださいね。

 

購入はこちら!

 

 

SKIPPY(スキッピー) スーパーチャンク ピーナッツバター 1360g


よく使う方はこちらの大容量サイズがおすすめです。
コクのある味わいが特徴的なので、甘すぎるピーナッツバターが苦手だという方にもおすすめ。

 

購入はこちら!

 

 

ピックスピーナッツバター (あらびきクランチ-Crunchy-, 380g)


保存料、乳化剤、着色料、香料などの食品添加物を一切使用していないピーナッツバターです。添加物が気になるという方におすすめ。

 

購入はこちら!

 

 

カンピー ピーナッツバターチャンク(粒入)タイプ 300g


お子さんでも食べやすい、砂糖入りのピーナッツバターです。パンに塗るだけでデザートになります。

 

購入はこちら!

 

 

スムースタイプ

 

アリサン ピーナッツバタースムース 454g


乳化剤、安定剤、塩、砂糖を一切使用しないピーナッツバターです。ピーナッツそのもののおいしさを楽しむことができます。

 

購入はこちら!

 

 

fruveseel 渋皮のまま仕上げたピーナッツバター ノンシュガータイプ


国産のオーガニックピーナッツを使ったピーナッツバターです。
栄養がつまった渋皮も使用しています。

 

購入はこちら!

 

 

三育フーズ ピーナッツバター 150g


無添加のピーナッツバターです。
ねっとりとしているので、パンに塗るよりもスムージーなどに入れて食べることをおすすめします。

 

購入はこちら!

 

 

明治屋 ピーナッツバタークリーミー 450g


パンに塗りやすいなめらかなピーナッツバターです。甘すぎないので、ジャムなどと合わせてたべても美味しいです。

 

購入はこちら!

 

 

スマッカーズ ナチュラルクリーミー ピーナッツバター340g


砂糖・食塩・保存料等無添加のピーナッツバターです。砂糖も塩も使ってないので、料理に使いやすいです。

 

購入はこちら!

 

 

アヲハタ ピーナッツクリーム 140g×3個


頻繁にピーナッツバターを使うけれど一度に大量使い切るのは難しい……という方におすすめな小さいサイズの3つセットです。脳神経を活性化させて、記憶力向上させる効果などが期待できるオメガ3脂肪酸を含んでいるアマニ油も含まれています。
「意識的に良質な油を摂取したい」と考えている方におすすめです。

 

購入はこちら!

 

 

ユウキ ピーナッツペースト (花生醤) 400g


良質のピーナッツを丹念に練ったピーナッツバターです。無塩・無糖、化学調味料・保存料無添加な、安心して食べることができます。

 

購入はこちら!

 

 

千葉豆乃華 ピーナッツペースト 砂糖不使用 150g


料理に使いやすい、砂糖不使用のピーナッツバターです。千葉県産の落花生は糖度が高いことで知られています。この商品は、その落花生をさらに香ばしく焙煎して、ペーストにしたものです。

 

購入はこちら!

 

 

SKIPPY(スキッピー) ピーナッツバタークリーミー 462g × 2個セット


大量に使う方におすすめな、大容量ピーナッツバターです!
塗りやすいなめらかタイプなので、どんな料理にも使いやすいです。

 

購入はこちら!

 

 

おすすめピーナッツアレンジレシピ

 

kwhr aiさんのピーナッツバターオートミールクッキー

クランチタイプのピーナッツバターを使うとザクザクとした食感を楽しむことができます。また、ピーナッツの風味でコクのあるクッキーに仕上がります。

 

材料(2人分)

ピーナッツバター     30g
オートミール       50g
豆乳ヨーグルト      40g~
ベーキングパウダー  4g
塩                       少々

 

「ピーナッツバターでオートミールクッキー」のレシピはこちら!

 

 

SIENAさんのブロッコリーのピーナッツバター和え

ご飯にもよく合うおかずです。無糖のピーナッツバターを使うのがおすすめですが、加糖タイプでも美味しくできます。

 

材料(1人分)

ブロッコリー      1/4房程度
ピーナッツバター 大さじ1
醤油麹           大さじ1

 

「ブロッコリーのピーナッツバター和え」のレシピはこちら!

 

 

vegehealthyさんのきのこのピーナッツバター煮

キノコとピーナッツバターの絶妙な組み合わせです。ご飯のお供にも、麺のトッピングにもなります。

 

材料(1~2人分)

しめじ            1/2個
エリンギ           2本
ネギ             好きなだけ
ピーナッツバター    小さじ1
醬油       大さじ1
酢           大さじ1
黒胡椒         少々
チリペッパー    少々

 

「きのこのピーナッツバター煮」のレシピはこちら!

 

 

お気に入りのピーナッツバターで食事をもっと楽しもう!

 

今回はおすすめのピーナッツバターについて説明していきました。
色々な種類があるので、ぜひ今回の記事を参考にしながら、お気に入りのピーナッツバターを見つけてくださいね♪

 

また、ご紹介したアレンジレシピを参考に、ピーナッツバターを料理にも活用してみてくださいね。

 

ヴィーガンレシピサイト「ブイクック」には紹介したレシピ以外にも多くのヴィーガンヘルシーレシピが投稿されています。ユーザー登録すると、お気に入りレシピの保存や投稿ができます。レシピができた際にはぜひシェアしてください。

 

 

あなたにおすすめの記事はこちら!

 

全日本三連覇。ヴィーガンで追い込み続けられる体に。【小松原美里選手】

 

消化にやさしいヴィーガン食材・レシピをご紹介【管理栄養士監修】

 

アクアファバを使ったレシピ10選!卵白不使用のヴィーガン料理

 

 

参考文献

https://lowch.com/archives/11809

https://osusume.mynavi.jp/articles/107/

https://ranking.goo.ne.jp/select/2430

https://www.womenshealthmag.com/jp/food/g33212249/is-peanut-butter-powder-healthy-20200708/?slide=3

 

作成者: Arisa

ブイクックライターのありさです!ヴィーガンコスメを少しずつ集めています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA