ヴィーガンが白砂糖を食べない理由とは?おすすめの甘味料もご紹介

ヴィーガンはベジタリアンの1種で、その中でも特に全ての動物性食品を避ける食事スタイルをとっています。

そんなヴィーガンの方たちは、白砂糖の摂取も控えます。

白砂糖は動物性の食品には見えませんが、その製造工程に理由がありました。

今回は、ヴィーガンが白砂糖を食べない理由を解説します!

 

栄養学監修

管理栄養士 河原あい

フリーランス ライター&コンサル
eCornell Plant Based nutrition 修了

Twitter:@kwhrai
Instagram :@kwhr_ai

目次

  1. ヴィーガンが食べないものは?
  2. ヴィーガンは白砂糖を食べない理由
  3. 白砂糖の代わりに使用するもの
  4. ヴィーガン甘味料のレシピ3選
  5. 砂糖選びも健康的に!

 

ヴィーガンが食べないものは?

 

 

ヴィーガンとは、あらゆる動物性のものを生活に取り入れない生活スタイルのことです。生活スタイルであるため、毛皮製品を使わないなどといった食事以外の部分でも実践されています。

食生活でいうとヴィーガンは完全菜食主義者と言い、植物性の食品のみを食べます。

実際にヴィーガンが食べるのを避けている動物性食品は以下のようなものです。

・肉や魚
・卵
・乳製品
・ハチミツ
・白砂糖
・魚からとった出し汁(鰹出汁など)
・動物の骨からとった出し汁(ラーメンのスープなど)
・ゼラチン

そして、この中に白砂糖もあります。

砂糖は、お菓子類にはもちろん、調味料やジュースにも含まれています。
さらに最近では、スーパーで売られているほとんどの加工食品に砂糖が使用されています。砂糖を避けた食事をするのは難しいような現代で、ヴィーガンが白砂糖を避ける理由とは何なのでしょうか。

 

ヴィーガンが白砂糖を食べない理由

白い砂糖の製造方法

 

ヴィーガンが白砂糖を避ける理由は、白砂糖を作る工程で「動物の骨」が使用されているからです。
実際に使用されているのは、骨炭と呼ばれる牛や豚などの動物の骨を焼いて黒い粒状の炭にしたものです。

 

まず、サトウキビからいろいろな種類の砂糖の元となる原料糖を絞り出します。
そして、原料糖から不純物を取り除いて結晶化させたものが、私たちがよく目にする白砂糖です。
具体的には、グラニュー糖や上白糖がこの白砂糖に当たります。

 

この不純物を取り除く、ろ過の過程で骨炭が使用されます。
不純物の除去に骨炭が使われる理由は、脱色性、吸収性が強く、精製能力に優れているからです。
動物性のものが混じってないとはいえ、動物を利用しているためヴィーガンとしては避けたいのです。

 

また、白砂糖は安価であるため、今やいろいろな商品に使われています。
特に加工食品を購入する際には、避けるのが難しい場合があるのも現状です。

 

茶色の砂糖について

 

 

精製されて白くなっているということは、茶色い砂糖なら大丈夫なのでしょうか?

よく売られている茶色い砂糖として三温糖をよく見かけます。

しかし三温糖はグラニュー糖や上白糖を煮詰めて、カラメル色素がついただけのもの。

できれば未精製の砂糖(甜菜糖など)を使う頻度を増やすのがおすすめです。

 

白砂糖の代わりに使用するもの

 

料理やお菓子作りではよく使う砂糖。
ヴィーガンが白砂糖の代わりに使用しているものをご紹介していきます!

 

きび砂糖

 

砂糖の代わりとして、よく用いられるのがきび砂糖。

精製された度合いとしては、黒糖と白砂糖の中間です。

そのため、きび砂糖は風味や味は白砂糖のように甘さの主張が強すぎず、黒糖ほどクセのないやさしい甘さとコクを味わうことができます。

きび砂糖の茶色は、ミネラル類が除去されずに残っている証拠。

ヘルシーにお砂糖を楽しむことができます。

 

きび砂糖の購入はこちら!

 

てんさい糖

 

 

きび砂糖の原材料がサトウキビなのに対し、てんさい糖は「さとう大根(甜菜)」を原材料とします。

サトウキビは主に沖縄などの暖かい地域で育ちますが、さとう大根は北海道といった寒い地域で栽培されます。きび砂糖と同じくミネラルが豊富です。

また、腸内環境を整えるオリゴ糖が含まれているのも特徴です。

 

黒糖

 

サトウキビの絞り汁をそのまま煮詰め、固めたものが黒糖です。

そのため黒糖は最も精製されていない砂糖と言えるでしょう。

黒糖には主要ミネラルから微量ミネラルまで全てのミネラルが含まれており、ビタミンB群を中心としたビタミン類も豊富。健康志向の方にはおすすめの砂糖です。

 

黒糖の購入はこちら!

メープルシロップ

 

ヴィーガンははちみつを食べません。

代わりとしてよく使われるのがメープルシロップ。

楓(かえで)の樹液を煮詰めて作られているため、別名「かえで糖」ともいわれます。
メープルシロップも主要ミネラルから微量ミネラルまで全て含まれており、また抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれています。

砂糖と置き換える場合、レシピに書いてある砂糖の量の約0.6〜0.7倍のメープルシロップを使います。

またその際は、メープルシロップに水分が含まれているので、水分量を減らすなどの調節をして下さい。

 

アガベシロップ

 

アガベシロップは、メキシコで多く生産されているブルーアガベが主な原材料。

砂糖の約1.5倍の甘さがあると言われています。

その一方で、GI値が天然甘味料の中で一番低く、血糖値の上昇を緩やかに上げる体に優しいシロップです。

ちなみに、てんさい糖のGI値が64、メープルシロップのGI値が68に対してアガベシロップのGI値は19。

腸内の善玉菌である「ビフィズス菌」を増やしぜんどう運動を促すため、便秘解消も期待できます。

アガベシロップの購入はこちら!

 

ヴィーガン甘味料のレシピ3選

上でご紹介した白砂糖の代用品として使われている、ヴィーガン甘味料を活用したレシピをご紹介します!

 

Humming foodさんのシナモンレーズンと煮りんごのマフィン

甘みを加えるのに、砂糖ではなく栄養豊富なアガベシロップを加えています。
シナモンが、レーズンにもりんごにもマッチしてとても美味しいです。

豆腐と豆乳ヨーグルトを使った優しいマフィン。
家族や友達にもぜひ作ってみて下さい。

材料(ミニマフィン 12個分)

地粉 120g
全粒粉 30g
シナモンパウダー 小さじ1
重曹 小さじ1/4
絹豆腐 120g
豆乳ヨーグルト 40g
太白ごま油 40g
アガベシロップ 35g
りんご酢 小さじ2
ひとつまみ
煮りんご 1/2個
レーズン 20g

 

 

 

manaさんのメープルとくるみのスコーン

メープルシロップでコーティングされた、やや塩気のあるくるみがアクセントになったスコーンです!

 

材料(5~6個分)

薄力粉 150g
きび糖 15g
豆乳 50g
米油 40g
ベーキングパウダー 4g
くるみ 40g
メープルシロップ 大さじ2
少々

 

メープルとくるみのスコーンのレシピはこちら!

 

 

まよさんのケーキポップ

手を汚さずに簡単に食べることができるケーキポップ。

メープルシロップの優しい甘さが、美味しさを引き立てています。
かわいいお菓子なので、パーティーにもピッタリですよ♪

 

材料(13~15個分)

スポンジケーキ 150g
アーモンドプードル 50g
チョコレート 50g
ラム酒 大さじ1
デーツ 40g
ナッツ類 40g
豆乳 10g~
メープル お好みで
コーティング用チョコレート 100g

 

ケーキポップのレシピはこちら!

 

 

砂糖選びも健康的に!

ヴィーガンの人が白砂糖を食べない理由を、砂糖の精製工程とともにご紹介しました。動物由来という理由だけでなく、健康のためにも白砂糖の摂取は意識して減らしていけると良いでしょう。

白砂糖以外に甘み調味料として使える植物性のものはたくさんあるので、ぜひスーパーで探してみて下さい!

ブイクックに掲載しているレシピは、植物性の素材のみを使用しています。
今回ご紹介した、きび砂糖やてんさい糖、アガベシロップの活用方法をもっと知りたい方はぜひ検索してみて下さい!
【編集部からのオススメ記事】

#6 砂糖ができるまで | 大東精糖

白い砂糖の真実、そして三温糖との関係 | 農畜産業振興機構

作成者: vcook-bloger

ブイクックプラスの編集室です!ヴィーガンの食卓をちょっと豊かにする情報をお届けし、みんながヴィーガン料理を楽しめるような社会を目指して頑張ります!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA