アマランサスの効能は?活用レシピもご紹介

「アマランサス」を聞いたことがあるでしょうか。
ヴィーガン明太子を作る時に使う材料として、アマランサスを聞いたことがある方もいるかもしれません。
アマランサスは、その栄養価の高さからスーパーフードとして知られています。
今回は、そのアマランサスの実態についてご紹介していきます!

目次

  1. アマランサスとは
  2. アマランサスの栄養
  3. アマランサスの食べ方・活用法
  4. キヌアレシピをアマランサスで代用!
  5. アマランサスをプラスして栄養価を高めよう

 

アマランサスとは


アマランサスとは雑穀の一種であり、最近ではスーパーフードとして注目を集めています。
同じスーパーフードである、キヌアと似た見た目です。
アマランサスの特徴は、鉄や亜鉛、カルシウムといったミネラルが豊富な点です。

日本では、赤栗などとも呼ばれており、昔は白米と同様に穀物として食べられていました。
現在は、NASAが宇宙食としてアマランサスに取り入れたりと、その栄養価の高さが評価されています。
また、食感がプチプチしていることから、ヴィーガン明太子に活用されています。
そんなアマランサスの栄養について、次の章で詳しく見ていきましょう。

アマランサスの栄養

豊富なミネラル

アマランサスは、前項でもご紹介した通り、特にミネラル類がとても豊富に含まれています。
栄養素を白米と比較してみると、
・鉄は約11倍
・マグネシウムは約10倍
・カルシウムは約30倍
・亜鉛は約4倍
といった栄養素の高さです。
鉄分は、現代人の多くが不足していると言われています。
赤血球を作る大事な栄養素なので、貧血に悩んでいる方には特におすすめです。
また、鉄分に加え亜鉛は、女性ホルモンの働きを整えてくれるので、生理前の不安定な心を落ち着かせてくれます。

ミネラル類以外の栄養素

ミネラル類以外も白米と比べると、
・ビタミンEは約45倍
・食物繊維は約15倍
含まれています。
ビタミンEには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果があります。
また食物繊維も豊富なことから、便秘解消も期待できます。
さらに、アマランサスはビタミンB6をキヌアよりも多く含みます。
ビタミンB6は免疫力を高めたり、脂質を代謝にも効果的です。

アマランサスの食べ方・活用法

①下処理

アマランサスはまず、調理前にザルなどを用いて水でしっかり洗います。
付着している土やほこりなどを洗い落としましょう。

②加熱

調理方法としては、基本的には加熱調理がおすすめです。
生のままだと消化されにくいため、料理する際は必ず加熱しましょう。
加熱方法としては、「茹でる」もしくは「炒る」がおすすめです。
茹でる場合は、鍋に入れたアマランサスの1.5倍の量の水を加え火にかけ、沸騰したら弱火で10〜15分茹でます。
蒸らすとさらに柔らかくなります。
炒る場合は、ポップコーンのようにはじけるので蓋を用意しましょう。
加熱したフライパンにアマランサスを入れ蓋をし、白っぽくなるまで乾煎りします。

③食べ方

下処理をし、茹でた(または炒った)アマランサスを、料理として仕上げます。
食べ方としては、
・ご飯やスープに混ぜる
・ドレッシングに加える
などが一般的です。
他には、明太子の代わりとしてアマランサスを活用することも出来ます。
例えば、
・ポテトサラダに加え、タラモサラダに
・パスタに加え、明太子パスタに
などです。
ぜひお試し下さい。

キヌアレシピをアマランサスで代用!

アマランサスは、キヌアの代用食材として使えます。
今回は、「ブイクック」からキヌアのレシピを3つご紹介します。
アマランサスに置き換えて料理してみて下さい!

ワルン ベジーさんのキヌアサラダ

オレンジやクルミ、オリーブなども入ったオシャレなキヌアサラダです。(代用:アマランサス)クミンを入れることで、とても香り高く仕上がります。
イタリアンな料理の前菜にはぴったりです。
材料(2人分)
キヌア                     1カップ
赤パプリカ              1/4個
黄パプリカ             1/4個
キュウリ                 1/2本
オレンジ                 1/4個
クルミ                     少々
クミン                     少々
ブラックオリーブ   2個
塩                            少々
胡椒                        少々
オリーブオイル      少々

レトリロ【癒しのまあるいごはん】さんのキヌアのタブレ

タブレとはフランスの国民的料理で、クスクスという米粒より小さなパスタや野菜を使った料理です。特に女性から人気が高く、サラダ感覚で食べられています。
今回はそのクスクスの代わりにキヌアを使っています。(アマランサスでも代用できます。)味付けもシンプルで、さっぱりした1品です。
材料(4人分)
キヌア                      1カップ
水                              2カップ
玉ねぎ                      大さじ2
レモン                      1/2個
パセリみじん切り   大さじ2
塩コショウ              適宜

アマランサスをプラスして栄養価を高めよう

今回は、スーパーフードとして注目を集めるアマランサスについてご紹介しました。
栄養素としては、ミネラルたビタミンが豊富に含まれていました。
ご飯やサラダに少しプラスしたり、キヌアの代用としてもぜひご活用下さい。
「ブイクック」では多数のヴィーガンレシピ、また植物性素材についてご紹介する記事を掲載しています。
ブイクックを活用して、健康的な食生活を送ってみて下さい。
【編集部からのオススメ記事】

作成者: akina

食の選択肢を増やしながら、心も体もやさしい食生活をしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA