機能性成分の基本【ヴィーガン栄養学】

みなさんは食品の健康機能性についてご存知でしょうか?
食品には三つの機能性があり、

一次機能:体づくり
二次機能:嗜好性(美味しさ)
三次機能:健康機能性

に分けられます。

中でも最近は健康ブームから三次機能の「食品の健康機能性」に注目が集まっています。

最近ではスーパーに並ぶ商品にも機能性表示をよく見かけるようになりました。

そこで今回は、食品の機能性成分について解説していきます。

 

 

栄養監修

管理栄養士 河原あい

フリーランス ライター&コンサル
eCornell Plant Based nutrition 修了

Twitter:@kwhr_ai
Instagram :@kwhr_ai 

 

 

機能性成分について

 

 

食品の機能性とは、すでにかかってしまった病気を治すのではなく、「体調を整え、病気を未然に防ぐ」ものを指します。

国内で2016年2月に施行された「機能性表示食品制度」の普及に伴い、これまでと変わって加工食品やサプリメントだけでなく生鮮食品(野菜や果物など)にも健康機能性の表示がされるようになりました。

では、食品の機能性についてお話していきます。

 

代表的な食品機能性

 

免疫力の向上

 

 

私たちの体には、生まれ持った「免疫力」が備わっています。

これは、外敵から身を守るための機構で、外から自分とは違う異物(抗原)が体内に侵入してきた場合、体内で異物と戦うためにさまざまな物質(抗体)が反応を起こします。

その反応の代表が風邪症状である咳や鼻水、下痢や発熱です。

食品機能性を持つ食品の中には、免疫力を向上させるものがあり、特に風邪やインフルエンザの流行する時期には積極的にとって欲しい成分です。

代表的な栄養素:βカロテン、ビタミンC

▶︎ビタミンの基本【基礎ヴィーガン栄養学】

 

消化・吸収活動の補助

 

 

食事を摂ったあと、腸内では食品中の栄養素を消化・吸収する作業が行われます。

栄養素が吸収された後、食品の残りカスは腸内を進んで便となり、体外へ排泄されます。

この消化・吸収活動の補助も、食品の持つ機能性が関与しています。

代表的な栄養素:食物繊維、乳酸菌

▶︎食物繊維の基本【基礎ヴィーガン栄養学】

 

体液循環の正常化

 

 

生き物の体の中では、24時間休みなく血液・リンパ液が全身を循環し、栄養素や酸素を運んでいます。

血液を運んでいるのが血管および心臓であり、リンパ液を運ぶのはリンパ管です。

その血液やリンパ液の循環が滞ってしまうと、血圧上昇や血栓症、コレステロール値異常などを招く可能性があります。

一部の食品にはこの循環器系の正常化を助ける機能性があり、病気の予防に役立ちます。

代表的な栄養素:レシチン、DHA、ビタミンEなど

▶︎脂肪酸の基本【基礎ヴィーガン栄養学】

 

臓器の機能改善

 

 

私たちの体内にある臓器(心臓、肝臓、腎臓、胃、腸、膵臓など)は、それぞれ重要な役割を担っています。

どれか一つの臓器だけでも機能が低下してしまうと、体の不調や重篤な疾患を招く可能性があり、普段からバランスの良い食事をする必要がある理由でもあります。

食品の持つ機能性の中には、臓器の機能を改善する働きを持つものもあります。

代表的な栄養素:グルタチオン、クルクミン(肝機能)、プロアントシアニジン(腎機能)

 

ヴィーガンと機能性成分

 

 

機能性成分の多くは植物性食材に幅広く含まれています。

そのため、ヴィーガンの方は機能性成分の恩恵を受ける機会が多く、健康的にもおすすめの食生活方法といえます。

ただし、加工食品ばかりに頼るとバランスを崩してしまうので、できれば自炊・料理で食事を楽しみながら健康的な食生活を送るのが一番です。

▶︎ヴィーガンレシピ2000品以上を掲載!ブイクック

 

代表的な機能性成分とその食材

 

これまでに紹介した食品機能性を持つ食材をご紹介していきます。

 

クランベリー

 

 

クランベリーに含まれる「プロアントシアニジン」には、腎機能を高め、膀胱炎や腎疾患を予防する効果やむくみ解消効果が期待できます。

スーパーにも売られているので、毎日の食事に取り入れやすい食材なのでおすすめです。

 

■ブイクックおすすめレシピ

nanakoさんの「カシューナッツとクランベリーのクッキー

 

 

ナッツの食感とクランベリーの甘酸っぱさが病みつきになるクッキーです^^

材料(13枚分)
米粉 90g
アーモンドパウダー 70g
ココナッツフラワー 40g
きび砂糖 30g
塩(ピンクソルト) 少々
ココナッツオイル 40g
豆乳 100g
ラムエッセンス 少々
カシューナッツ 40g
クランベリー 40g

詳しいレシピはこちら!

 

豆乳ヨーグルト

 

 

豆乳で作るヨーグルトには、植物性乳酸菌が豊富に含まれています。

植物性乳酸菌は、動物性食材中にいる乳酸菌と比較して強く、食べた後に体の中で生きて腸まで届く可能性の高い乳酸菌です。

その結果、乳酸菌は腸内の消化・吸収活動をサポートしてくれます。

豆乳と、市販の豆乳ヨーグルトや種菌を加えて一定時間放置するだけでできるので、おうちで作ってみてはいかがでしょうか?

 

■ブイクックおすすめレシピ

あーぼさんの「豆乳ヨーグルトのムースケーキ

 

 

凝固剤(寒天など)を使わずに作れるケーキです^^

材料(12cm型1台分)
豆乳ヨーグルト 400g
パイナップル缶 2切れ分
シュトロイゼル 70g
きび砂糖 50g
豆乳入りホイップ 100g
レモン汁 小さじ1

詳しいレシピはこちら!

 

大豆

 

 

大豆には「レシチン」と呼ばれる栄養素が含まれています。

このレシチンには血流を改善する効果があり、特にコレステロール値の改善が期待できます。

大豆には他にもたんぱく質や食物繊維なども豊富であり、ヴィーガン食生活を送る上で欠かせない食材になっています。

 

■ブイクックおすすめレシピ

まめな料理帖さんの「大豆の甘辛揚げ

 

 

材料(2人分)
茹で大豆または蒸し大豆 140g
片栗粉 大さじ3/4~
サラダ油 大さじ1強
白ごま 適量
砂糖 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
酢 小さじ1/2

詳しいレシピはこちら!

 

まとめ

 

今回は食品の持つ機能性成分について解説していきました。

食品の機能は大きく3つに分けられ、体作り(三大栄養素)や嗜好性(美味しさ、香り)の他にも、健康機能性(体の調子を整える)となります。

健康機能性はさまざまあり、代表的なものとして

・免疫力の向上
・消化・吸収活動の補助
・体液循環の正常化
・臓器の機能改善

などが挙げられます。

食事の美味しさを楽しむのも大切ですが、普段の食事から健康的な体づくりを意識して料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

ブイクックには栄養バランスがとれてお手軽に作れるヴィーガンレシピが数多く掲載されています。ビタミン豊富な食事をとりたい方はぜひお試しください!

 

ユーザー登録はこちら!

作成者: Kwhr Ai

管理栄養士 / フリーライター / 栄養学に関する正しい知識を発信しています^^

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA