ヴィーガンにおすすめ!高タンパク質の食材15選|おすすめレシピ付き【管理栄養士監修】

私たちの筋肉や髪の毛、ホルモンや免疫などのあらゆる部位の構成成分となる栄養素であるタンパク質。

そんなタンパク質ですが、ヴィーガンの食生活では摂取することが難しいと聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

なぜなら動物性食品にタンパク質が多く含まれるため。お肉や魚を食べないヴィーガンは、タンパク質の摂取に悩みやすいです。

そこで、今回はヴィーガンにおすすめの高タンパクの植物性食材を15個ご紹介していきます。

また、記事内でブイクックからおすすめレシピもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

栄養監修

管理栄養士 河原あい

フリーランス ライター&コンサル
eCornell Plant Based nutrition 修了

Twitter:@kwhr_ai
Instagram :@kwhr_ai 

 

 

ヴィーガンとは

 

 

ヴィーガンとは、動物からの搾取をできる限り行わず、動物性食材を一切口にしない完全菜食主義者のことです。食材では肉や魚や卵や乳製品やはちみつなどを食べず、身の回りではレザーや毛皮の製品を使わないというライフスタイルになります。

 

 

タンパク質が不足するとどうなる?

筋肉量が低下する

 

 

タンパク質は筋肉を作り出す材料です。

タンパク質が不足して筋肉量が落ちてしまうと、脂肪を燃やす基礎代謝量も落ちて太りやすく痩せにくい身体になってしまいます。

 

 

や髪の毛のトラブルが起こる

 

 

肌のハリやツヤ、弾力を維持する成分であるコラーゲンはタンパク質から作られている成分です。タンパク質不足になるとコラーゲン減少につながり、肌のハリやツヤが失われてしまいます。

例えば、肌の弾力はコラーゲンとエラスチンという体の構造を担う構造タンパク質が組み合わさって作られています。

また、髪はケラチンというタンパク質で作られており、不足してしまうと切れ毛や枝毛になってしまいます。

疲労感・思考力の低下

 

 

タンパク質が不足すると、やる気を出させてくれる成分であるドーパミンや、リラックス成分のセロトニンなどの神経伝達物質が不足して、疲労感を感じやすくなります。また、神経伝達物質の働きも鈍化する事で思考力の低下が引き起こされます。

 

 

ヴィーガンは本当にタンパク質不足なのか?

 

 

ヴィーガンは動物性食品を口にせず、タンパク質源として広く知られているお肉や魚などを食べないなんてタンパク質不足になるのでは?と心配になる方が多いと思います。

しかし、結論からいうと植物性食品からでも充分なタンパク質を摂取することが可能です。

例えば、木綿豆腐100g(1/3丁)からは卵1個分のタンパク質(約7g)を摂取することができます。

ただし、植物性のタンパク質は豆類や穀類に多く含まれており、野菜や果物にはほとんど含まれていません。そのため、野菜が豊富な食事をしているイメージのあるヴィーガンはたんぱく質が不足しているのでは、と考えられてしまっているようです。

 

 

ヴィーガンにおすすめのタンパク質食材

1. 大豆

 

 

日本人になじみの深い大豆。

水煮の状態で100gあたり12.9gのタンパク質を含んでいるので、「畑の肉」と呼ばれています。また、大豆には食物繊維やカルシウム、鉄分も多く含まれています。

中でも大豆に含まれる鉄分は非ヘム鉄といい、そのままでは吸収されにくい性質を持ちます。吸収を助けるビタミンCが含まれる食材と一緒に摂取すると良いでしょう。

参考:鉄の基本【基礎ヴィーガン栄養学】

 

 

2.豆乳

 

 

大豆から作られた豆乳にも100gあたり3.6gのタンパク質が含まれます。

また、イソフラボンも多く含まれており、女性のエストロゲンというホルモンに働きかけて不安や生理不順改善効果が期待できます。

豆乳に含まれるタンパク質についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

 

 

3.大豆ミート

 

 

まるでお肉のような食感を楽しめる大豆ミート。原料が大豆であるため、タンパク質が豊富に含まれています。

 

商品にもよりますが、平均して100gあたり約15gも含まれています。お肉に近しい食感ですが、カロリーはお肉よりも低く、コレステロールを含んでいません。

 

 

4.キヌア

 

 

キヌアはNASA(アメリカ航空宇宙局)が宇宙食に採用するほど栄養が豊富な穀物です。タンパク質は100gあたり4.4gも含まれています(*1)。これは成人女性が1日に必要とするタンパク質の約1/5の量です。

 

キヌアの栄養についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

 

 

5.ひよこ豆

 

 

ひよこ豆もたんぱく質が豊富な食材で、100gあたり10gのタンパク質を含んでいます。日本はひよこ豆の栽培に適した気候でないため、日本で売られているものはアメリカやメキシコなど海外から輸入されたものです。

 

 

 

6.かぼちゃの種

 

 

かぼちゃの種は、かぼちゃまたはスカッシュという野菜の食用の種です。
タンパク質は100gあたり30g含んでいます(*2)。

また、かぼちゃの種を一握りしてつかむことができるくらいの量を毎日食べることで、タンパク質だけでなく、アミノ酸、ミネラル、食物繊維、ビタミン、複合炭水化物などの必須栄養素を簡単に摂取できます。

 

 

7.アーモンド

 

 

アーモンドには100gあたり18.6gのタンパク質が含まれています。また、アーモンドには、コレステロールを減少させる効果のあるオレイン酸が多く含まれています。

 

 

 

8.ピーナッツ

 

 

ピーナッツにはタンパク質が100gあたり27g含まれています。食後の血糖値の上昇度を表すGI値が低く、低糖質なのでダイエットにおすすめです。

しかしカロリーは高いので一日約20粒を目安にして、食べすぎには注意してください。

 

 

9.カシューナッツ

 

 

カシューナッツには普段の食事からは摂取しづらいオレイン酸、代謝アップ効果が期待できるビタミンB1が豊富です。また、タンパク質は50gあたり9.9g含まれています。

カシューナッツに含まれる水溶性食物繊維は血糖値の急上昇を抑える働きがあるので、食前に食べると良いといわれています。

参考:カシューナッツのダイエット・美容効果について詳しく知りたい方はこちら!

 

 

10.チアシード

 

 

チアシードは、低カロリーなのに、他の植物と比べるとタンパク質含有量が100gあたり16.5gと高タンパクな食材です。

また、体内でDHAやEPAに変換されるオメガ3脂肪酸のαリノレン酸が含まれており、血液をサラサラにしてくれる効果が期待できます。

 

 

11.オートミール

 

 

オートミールには100gあたり14gのタンパク質が含まれています。

また、水溶性、不溶性食物繊維をバランスよく含んでおり、便秘で悩んでいる方には効果的な食材です。

 

 

12.そば

 

 

そばは100gあたり10gと、主食の中でも高いたんぱく質含有量を誇ります。十割蕎麦を選べば、グルテンフリーな食材として取り入れることもできます。

また、そばには抗酸化物質が含まれており、筋細胞の酸化を予防する効果が期待できるので、運動をしている人に特におすすめな食材となっています。

 

 

13.枝豆

 

 

枝豆は100gあたり10gのタンパク質を含んでいます。高タンパクなのに糖質が低いので、ダイエットをしている人にはおすすめなタンパク質源です。

 

 

14.そら豆

 

そら豆には100gあたり26gと多くのタンパク質が含まれており、また、ビタミンB群が豊富です。ビタミンB群には糖質をエネルギーに変えたり、代謝を促す働きがあります。身体に大切な栄養素をそら豆では一度に摂取することができます。

 

 

15.ブロッコリー

 

野菜はあまりタンパク質を含んでいないイメージがありますが、ブロッコリーは100gあたり4.3gのタンパク質を含んでいます。その他にもビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。

 

タンパク質豊富なおすすめレシピ

HANA.TDさんのタンパク質たっぷりライトミール

 

 

タンパク質をぎゅぎゅっとつめて簡単に補給できるようにと考えられたレシピです。持ち歩きやすいので、どこでも簡単にタンパク質を補給することができます!
材料(小判型約20個)

木綿豆腐                 350g
オートミール          700g
ひよこ豆                 150g
枝豆                         70g
ムング豆                  20g
かぼちゃの種           30g
ごま                          10g
おからパウダー        大さじ2
片栗粉                      大さじ1
粉末昆布だし           小さじ2
味噌                          大さじ1と½
醤油                          小さじ2
塩コショウ              小さじ2

「タンパク質たっぷりライトミール」のレシピはこちら!

 

 

たくわんさんのタンパク質たっぷりの牛蒡スープ

 

 

カシューナッツとひよこ豆でしっかりタンパク質を摂りながら牛蒡や玉ねぎで食物繊維も摂ることができる栄養満点スープです。冷めても美味しいのが嬉しいポイントですね!
材料(2人分)
牛蒡                         150g
玉ねぎ                      50g
カシューナッツ       20g
ゆでたひよこ豆       80g
豆乳                        180cc
水                            180cc
コンソメ                 一個
塩コショウ              適量

 

ベジギャルさんの大豆ミートの竜田揚げ

 

 

大豆ミートがあれば簡単にヘルシーな竜田揚げを作ることができます。油をレシピより少し多めにしてからペーパーオフすることでもっとカリッとした竜田揚げを楽しむことができるそうです!
材料(1人分)
大豆ミート(ブロックタイプ)    4~5個
醤油                                               小さじ2~
みりん                                           小さじ1
酒                                                  小さじ1
片栗粉                                           適量
米油                                               大さじ2~

 

 

植物性タンパク質を日々の生活に取り入れてみよう!

今回はヴィーガンが摂取している植物性のタンパク質をご紹介していきました。

動物性タンパク質ではなくてもタンパク質源はたくさんありますし、動物性タンパク質に比べて栄養豊富でヘルシーなので、日々の生活に取り入れていきたいですね。

ヴィーガンレシピサイト「ブイクック」にはほかにも多くのヘルシーレシピが投稿されています。ユーザー登録すると、お気に入りレシピの保存や投稿ができます。レシピができた際にはぜひシェアしてください。

 

 

 

 

作成者: Arisa

ブイクックライターのありさです!ヴィーガンコスメを少しずつ集めています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA